資格を取ったおかげで観光ガイドとしての新しい夢ができました

私は旅行が好きなので、学生の頃から旅行会社で働きたい夢がありました。
このような仕事では日本人だけではなく、外国の方も相手することも多いと思い、大学では日本史や世界史、地理など様々な土地柄や歴史、そして英語をはじめに様々な語学を集中的に学びました。
就職に有効な資格も取り、卒業後は無事に憧れの旅行代理店へ就職先が決まったのです。

職場ではプランナーをしています。
プランナーはツアー内容を立てたり、他にも顧客からの希望によってもツアーを考える仕事です。
他にも現地への視察やツアー時の滞在先を選んだり、日程の調節、ホテルや飛行機、バスなどの手配も行います。
今まで様々な土地のことを学んだので、プランナーの仕事はとても充実していました。

そんなある時、夏休みを頂いた私は、高校時代の友人5人でニューヨークへ行くことになりました。
私は何度か行ったことがあるのですが、他の子は初めてです。
なので、友人たちの要望に合わせつつ、自分なりに計画を立てて旅行することになりました。
英語が不慣れな子も多いので、自分から積極的に通訳やガイドをやっていて、友人から「観光ガイドさんみたい!」と褒められました。
確かに私は旅行会社に働き、プランナーとして現地視察などには行きますが、お客様を直接ガイドしたことはないのです。
そして思ったことが、自分の語学力をより仕事に活かしたいということです。

そこで前から興味を持っていた、「通訳案内士」の資格です。
この資格は日本にやってきた外国人へ観光案内だけではなく、日本独特の文化などを学びながら、旅行の手助けをする仕事になります。
資格を取るには英語などの語学はもちろん、他にも日本の歴史、そして経済知識を学ばなくてはなりません。
英語や日本の歴史はそれなりに自信がありますが、経済に関してはやや知識不足です。
でも、友人の言葉をきっかけに、私は通訳案内士になりたいと思いました。

旅行を終えた私は現在の仕事をこなしながら、自宅で経済学についてテキストを参考に勉強しはじめました。
そして、語学や歴史の知識も復習しながらも、1年後に通訳ガイドとしての資格を得ることができました!

資格を取ってからはプランナーのお仕事と、外国人専門のツアーでガイドをやらせてもらえる機会が多くなり、充実した日々です。
国家資格ですが現状はまだまだ地位を確立できていない仕事ですが、個人的にはやりがいを感じています。
いずれはフリーランスの通訳案内士としての仕事に専念することが現在の夢です。

資格を取得し自分の夢を叶えました

私は通訳学校に通い、基礎コースから上級コースまで学び、英語検定1級を無事取得しました。
それを活かして、都内で海外からの客もよく泊まるホテルに務めていました。
英語での対応力が必須なので、、ここでの職場は学んできたことを大いに活かすことができたと思います。
外国人のお客様は、周辺の観光地だけでなく、日本全体の風習や文化にとても興味があります。

聞かれてもわからないことがないよう調べて知識を習得していました。
日本人でありながら、初めて知る文化も多くとても興味が湧いてきました。
「キミはなんでも知っていて、笑顔がとても素敵だね。キミみたいな人に日本の案内をしてもらえたら、最高だろうね!」と外国のお客に言われたこともありました。
ちょうどその頃から「通訳ガイド」という職業に興味を持ちはじめ、転職の道を考えはじめたんです。
この仕事はザックリ言えば、日本に不慣れの海外の方を色々な観光地へ案内し、それと同時に文化から習慣などを学んでもらうお仕事です。
文化や風習は古い時代の歴史までさかのぼります。

もともと歴史や地理は得意だったので、そこに新しい知識を発見したり、自分の中で結びついたりすることがかなりの達成感でした。
通訳ガイドは、実際に自分でも観光地に足を踏み入れ、旅行のスケジュールや宿泊先や荷物の確認などを処理する能力も必要です。
その辺はホテル業で毎日行っていた業務だったので役に立っているかなと思います。

もちろん観光ガイドをするためには資格が必要なんですが。
自分の夢を叶えるべく、さっそく「通訳案内士」の資格を取るため、参考テキストを購入しました。
その間もホテルで働いていたので、特に外国人宿泊客に対してはイメージトレーニングをしていました。
わかりやすく説明する、どうしたら相手が興味を持って自分の話を聞いてくれるか・・・など考えながら。

これは口述試験にはとても効果的な訓練になったと思います。
ホテルから帰宅した後は、テキストや参考書を使って勉強していました。

次の日が休みの時は徹夜でしていました。
当時の自分はかなり無理な生活をしていたな、と振り返ると感じます。
でもその甲斐あって、筆記試験と口述試験共に合格し、資格を習得できました。
現在は努力の甲斐あって、京都で通訳ガイドをしています。

京都は国内の中で最も外国人の観光客が多いので、ハイシーズンはとても忙しいです。
必ずその日にガイドした内容をブログにアップして、自己紹介の代わりにしています。
笑顔と自然体で信頼関係をきずけるよう、日々努力しています。

資格を受けることで観光ガイドとしての自信がつきます

私は京都通訳案内士の仕事をしております。
通訳案内士とは、平たく言えば外国人観光客向けの観光ガイドのことを指します。
私の出身は京都ではありませんが、修学旅行で京都へ来てからというもの、すっかり京都の魅力に魅せられいつしか京都の素晴らしさを世界各国に広めたいと思い始めたのです。

高校を卒業後は大学へ進み、大学では外国語を専攻し語学力を身に付けました。
在学中は交換留学などのプログラムを積極的に活用し、自分の英語力を確かめるようにしていました。
教科書通りでなく本場の英語を聞き、話し、学ぶことで相手とのコミュニケーションの取り方を学習しました。
大学卒業後は旅行会社に就職し、今に至ります。
念願かなって京都事務所にも籍を置いて貰い、日々の業務にあたっています。

私の業務は外国人観光客向けの観光ガイドです。
外国人観光客様のなかには、京文化を深く知りたいと思う方も沢山おり、京文化のルーツを問われることが多いです。
そういった方々にはかなりディープな質問をなさるので、私も常日頃勉強の毎日で大変です。
ですが、それだけ外国人観光客の方が京都や、日本という国に対して深い興味を持ってくれていると思うと、なんだか嬉しくなり、誇らしくもなります。

そういった方々にきちんとお応え出来るようになりたいと思い、私は京都・観光文化検定試験を受ける事に決めました。
この資格は京都の歴史をはじめに、文化などの知識を問う資格であり、全国各地から受験する方が集まります。

試験範囲は、歴史ですと古くは平安京以前の問題から、江戸時代、近世まで幅広く出題されます。
歴史以外の項目では、京都に点在する神社仏閣や庭園、建築物から美術工芸、慣わしに伝統など、大量な知識量が必要となる資格試験なのです。

3級から始まりますが、私は思い切って2級を受けました。
この試験の勉強はかなり大変でしたが、毎日の業務に行かせる内容でもあったので、幾分か楽しく学ぶ事が出来ました。
そして試験日、緊張しながら問題に臨みました。
しっかり復習を心掛けていたことと、学習したことをすぐに業務に生かすなどして記憶に定着させていましたので、何事もなく合格することが出来たのです。

資格を得たおかげで私は営業所内では1番、京都に関する知識があると言われているのが嬉しいです。。
観光ガイドとして日々の業務にこの知識を生かし、邁進していきたいと思います。
そして近いうちに京都・観光文化検定試験1級を取り、京文化に対する知識をさらに深めていきたいと思います。

通訳案内士の資格をとり、日本の魅力を伝えています

私は「通訳ガイド」という海外客を専門にした観光ガイドとして働いています。
日本の魅力を余す事無く伝える為に、資格を取りながら今も勉強中です。

子どもの頃の修学旅行でガイドさんに憧れた事がこの仕事に就くキッカケとなったのですが、日本国民相手ではなく外国人相手のこの職を選んだ理由は、英語が得意という事もありますが、世界中の人々に日本の事を知ってもらい、もっと大好きになってほしいからです。
日本はどの地域にも素晴らしい観光地から文化もあり、日本を選んで遊びに来てくれたのだから思う存分楽しんでもらい、隅から隅までその地域の魅力を知ってもらいたい。
また違う地域へ観光に行きたい!日本に来てもらいたいと思っているから、この資格を取ってガイドの仕事をしたいと思ったのです。

通訳ガイドは、国家資格なので取得は簡単ではないです。
英語をはじめにフランス語や中国語、他にも韓国語など10ヶ国語の中からどれかを選んで申請が必要で、日本の地理だけではなく歴史、産業や経済といった一般的な常識の試験もあります。
受験資格には制限がないので誰でも受ける事が出来ますが、口述試験もあり、合格率も19パーセント前後と大変難しいものでした。
ちなみに英語を選ぶ人が多く、タイ語が話せる通訳ガイドが少ないようです。
なので、私はタイ語を勉強中でその後、ドイツ、フランスなどのヨーロッパの言葉も覚えたいと考えています。
毎年受験をする人が増えてきて、この資格を持っている人も増えましたが外国人客も増え続けているので、仕事が無くなる心配もありません。

日本の政治や経済については年々変わっていく事なので、資格を取ったからといって、勉強が終わりではありません。
観光地についても、外国人客でも楽しめる所が増えているので、それについても覚えなければいけません。
勉強を続けていく事でお客様に情報を教えられていく為、資格を取得した後も学ぶ事がたくさんあります。
大変ですが、お客様の笑顔を見ると疲れも吹き飛びますし、何よりも一緒に観光地を回ってガイドをしている事が楽しいです。
知らなかった事を知って驚く姿や景色を見て感動している姿を見ていると、私まで幸せになります。
通訳案内士が私の天職だと思っています。

これから先もガイドを続けていく為に、勉強をして皆さんに喜んでもらいたいです。
日本の魅力をもっともっと知ってもらい、私みたいに日本が大好きになってほしいです。

日本の魅力を伝える為に私はまだまだ頑張ります!!

私は「通訳案内士」の仕事をしています。
小学生の時の修学旅行のガイドさんに憧れて、ガイドの仕事に就きたいと思い始めました。
日本を訪れた外国の観光客に対して日本の観光地を案内するだけではなく、文化などの魅力を教えながら旅行のお手伝いをするお仕事です。
私は生まれ育った日本という国が大好きなので、その魅力や文化などを海外の人達にも伝えたいと考えて、この仕事をしたいと思っていました。

今では楽しく仕事をしているのですが、やはり資格取得には勉強が不可欠です。
もちろん海外の方を案内するので英語を中心とした他の国の言葉を話せなくてはいけません。
英語は小さい頃から習っていたので、得意だったのですが他の国の言葉も話せないと駄目だな…と思い、高校生の頃から中国語や観光語なども勉強してきました。
難しかったですが、夢の為に頑張る事が出来ました。
今では英語に中国語、韓国…少しだけタイの言葉が分かりますがまだまだです。
これからはヨーロッパの言葉を勉強しようと考えています。

この仕事は国家資格がいりますが、受験に関しては特に資格がない為、誰でも受ける事が可能です。
14歳?位の子が合格したなんて話も聞いた事があります。
筆記試験の他に口述の試験もあり、日本の地理や産業などに関しての知識が必要な為に難易度が高い資格です。
因みに受験可能な外国語は、英語やフランス語など全部で10カ国で、外国の方が受ける事も可能なんですよ。
資格を取ったあとは、フリーランスで仕事を行って旅行代理店などの観光関連の企業へ登録して、色々と仕事を受けることができます。

最近は外国で日本の文化などに興味がある人が多くなってきたので、仕事の数も多くなりました。
大変ですがやりがいのある仕事ですし、色々な国の人たちと交流できるので、すごく楽しいです。
いかに日本の魅力を伝えられるかは、自分の手腕にかかっているのでこれからも勉強が必要ですが、知らなかった事なども発見できるので、夢のある仕事だと私は思っています。
常に変動している経済の事なんかも知識が必要な為に、毎日勉強は欠かせませんが、楽しさが勝っているので苦ではありません。
「通訳案内士」になった事により、まわりから見れば夢は叶ったのかもしれませんが、まだまだ夢の途中です。
全ての国の人に日本は素敵だ!と思ってもらえるように、まだまだ頑張って勉強していきたいと思います!